脱毛サロンでの施術は何歳から受けるのがおすすめ?子どもでも問題ないの?

美意識の芽生えの低年齢化で、昨今では小学生、中学生でも脱毛をしているというケースが珍しくなくなりました。

自身がムダ毛に悩んでいた経緯があって、コンプレックスを早めに解消してあげたいと考える親も多く見られるようです。

ですが、実際に子どもが脱毛をしても身体に何か影響は出ないのか、何歳から施術を受けるのが適切かという基準はあるのか、そういった点が気になってくるかたも少なくないのではないでしょうか。

脱毛サロンごとに違う対象年齢

まず、脱毛サロンで利用されている機器には違いがあるものの、健康を害するような刺激を与えるものではありません。

大人でも子どもでも毛が生える仕組みは変わらない以上、理屈では何歳から脱毛をしても問題はないといえるでしょう。

ですが、大人に比べると肌が敏感な子どもの安全に配慮して、万が一にもトラブルが起こらないように、脱毛サロンごとに施術の対象年齢を設定しています。

ただ、肌に優しい機器を利用してると謳っているサロンでは、3歳から脱毛できるというのは驚きですね。

第二次性徴期が1つの基準

何歳からでも脱毛が可能であっても、大人と子どもでは毛の質、生える部位が異なってきます。

第二次性徴期を迎えると脇や陰部から濃い毛が生えてきますので、それ以前に脱毛を完了させていても新たに処理が必要になってきてしまうのは面倒です。

それに、ホルモンバランスの大きな変化によって、せっかくツルツルにしたムダ毛が再生してきてしまうという可能性が高くなります。

こうした問題もあって、多くの脱毛サロンではあまり早すぎる脱毛はおすすめされておらず、第二次性徴期を迎えてホルモンバランスが安定してから、12歳以降、16歳以降を施術の対象年齢にしているところが多いのです。

多感な時期にムダ毛に対する心ない言葉がストレスになってしまうことを考えると、早くツルツルになりたい、してあげたいと思う気持ちはよくわかります。

脱毛サロンによって何歳から施術できるか基準は違ってきますが、ただ、身体には害がないものの、早すぎる施術にはデメリットもあることを知っておかなければならないでしょう。

他の処理方法も考慮しながら、子どもの脱毛サロンの利用をじっくりと考えていかなければならないなと思います。